岳南のプロデュース記

岳南Pがアイマスを求めて国内外をさまよう様子を収めたブログですよ

アイマス台湾紀行③

Machicoさんライブ名古屋に行きます。

こんにちは、日がなが~くなってきました。岳南です。さて、前回からだいぶあいてしまいましたが台湾紀行の続きです。一日目のホテル到着から一日目終わりまで書きます。

 

さて、一日目、ホテルに到着した我々を待ち受けていたのは”座席ガチャ”というなんとも恐ろしいものでした。結果から言えばたいしていい席も悪い席もなかった感じの抽選でしたのでまあって感じでしょうか。

今回お世話になったホテルは”ハワードプラザホテルハワードプラザホテル 台北-台北福華大飯店”というホテルです。関空の出発組は全員ここに押し込まれました。内装の写真を取るのを忘れてしまいましたが、結構いい感じのホテルでしたよ!日本語の放送も写ったので国外にいることを忘れさせてくれるようなホテルでした。

f:id:gakunanP:20170519211827j:plain↑ホテルから撮った台湾の街の景色です。日本とは車線が違って違和感がありますね。

そして我々は日本円をニュー台湾ドルに両替するためにホテル近くの第一銀行へ向かったわけです。そしてここでもアクシデント発生。

我々が眼にしたのはシャッターがしまった支店と、

営業時間~15:30の張り紙 現在時間15:50

ここでも詰みましたね。

しかししかし、ココでJTB大活躍。ホテル内に24時間(?)のツアーデスクを開設してくださったお陰で無事日本円をニュー台湾ドルに変えることができました。ありがとう。

さて、ココで飛行機内ー空港で知り合ったPと4人組を組み一日目をともにすることになりました。我々がまず向かいましたのは”行天宮”というなんだか雨宮天みたいな名前の駅で、そう、台湾名物足つぼマッサージ店です。

ここで無事地獄のようなマッサージを受けた後、同行していたPをXiaomiの直営店に連行。前から目をつけていた良さげなイヤホンを無事ゲットしました。

ウォークマンは付属しません)買ったのはMi In-Ear Headphones Pro HD(http://www.mi.com/en/headphonesprohd/)というイヤホンです。3000円ほどですがかなり良く鳴らすイヤホンで中国企業の技術力を実感しました。

さて、その後僕たちは足つぼマッサージ屋の隣にあった台湾料理店(一切日本語なし)での軽食を敢行。メニューが全く読めずに出てきた料理が

f:id:gakunanP:20170519213134p:plain

こちらです(一番手前のもの)食べ終わった後にメニューを翻訳機にかけてみたら“チキン冷麺”というメニューだったそうです。結局ここのソースが何だったのかはなぞのままですが、まあ美味しかったので良かったです。

さて、ぼくはココでP4人パーティを離脱し、中山國小站へと向かいます。もちろんMRTで。向かう目的はそう

オフ会

でございます。

このオフ会は、元々この日に開催予定であったJTB主催のツアー参加者懇談会がツアー二日目に流れた関係で、一日目何もないからオフ会でもやろうぜ的なノリで僕と某百合子Pさん(最近は最上のPもはじめたらしい)が共催したオフ会です。最終的な参加者は20人と、海外にしてはだいぶ大人数なオフになりました。国際電話をかけまくって予約したかいがあります。

中山國小站で合流した後、向かう会場は欣葉台菜創始店という台湾料理の老舗です。大雨が吹き荒れ、何度か車に轢かれそうになりましたがつつがなくオフ会は進行していきました。(僕は幹事で忙しかったので写真はないですごめんなさい)台湾ビールで乾杯し、無事美味しい台湾料理を堪能した僕たちはご機嫌のうちにオフ会を終えタクシーで宿に帰ったわけです。

さて、ここで一つ言いますと、なんとこのお店、ガールズとスタッフが一日目終演後に使っていたらしいんです!!!!

ameblo.jp

ここでMachicoさんが紹介しているオムレツと豚の角煮が完全に僕たちが食べたそれなんですよね…これは実質ガールズと食事会をしたということで過言はないですね。大変楽しいオフ会でした。

さて、今回はここまでです。次回は台湾二日目の様子を書いていきますのでどうぞよろしく! 岳南

アイマス台湾紀行②

Machicoさんって良いですよね。

こんにちは、岳南です。5月の風も涼しくなってまいりました。

さてさて、今日はアイマス台湾紀行の続きです。二日目(ツアー初日)を振り返っていきましょう。

さて、極めて浅い4時間睡眠から目を覚ますとそこは一面の

f:id:gakunanP:20170501212241j:plain

プライベートのPの字もない完全オープンベッドで寝ている自分がいました。流石に若干虚しくなりました。

f:id:gakunanP:20170501212316j:plain

5時半起床。なぜここまで早く起きなければいけないのか。そう、貸出用ブランケットの返却が~06:00というわりと早朝なのでこの時間に起きなければマズイんですよね。

そしてそして、エアロプラザ二階のシャワールームで500円を払いシャワーを浴びました。朝のシャワーは気持ちいですね、寝台列車とかのシャワーは6分くらいしかお湯が出ないのですが、関空では12分(確か)お湯が出るのでだいぶゆっくりとさせていただきました。

ひげ剃りなんかも済ませてぴっちり着替えます!

で、こんな感じの装いになりまして、出撃準備OKでございます。この時点で多分7時位。ツアーの集合が9時なのでめちゃくちゃ暇でした。その後、関空4階へ移動し

初めての国際線に若干興奮しつつ

f:id:gakunanP:20170501213036j:plain

見つけました。アイマス受付。ここで搭乗券と申し訳程度の記念品(謎のポーチとボールペン)を受け取りますが、その後の流れは一切不明でございました。危うく出国できなくなるところでしたが、同僚に助けてもらい難を逃れます。ありがトーシャ!

さてさて、ココで今回の旅行で利用した航空会社"EVA AIR"(海外ではエバーじゃなくてイーヴァって言わないと通じないぞ!)チェックインカウンターであった面白いやり取りを一部ご紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

岳「チェックインお願いします~」

E「わかりました。48名団体の方ですね?」

岳「え?団体扱なんですかね?ツアー参加者だと思うんですが」

E「ツアーでしたか!添乗員が同席しないということはお知り合い同士でのご旅行ですか?(雑談)」

岳「いや、初対面ですよ~」

E「え、初対面なんですか!?少々お待ちください…」

~ここでイーヴァ航空のスタッフが若干集まって協議を始める~

E「お待たせしました。ツアーの確認が取れました。お隣は知らない方ですがよろしかったですかね?」

岳「大丈夫です、共通の趣味があるのでw」

E「何かの集まりなんですか?」

岳「えっ…ええ…ちょっと"アーティスト"のライブを見に行くので…」

E「そうでしたか!良いご旅行を!」

岳「ありがとうございました」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

という事がありまして、無事チェックイン・搭乗完了

f:id:gakunanP:20170501214027p:plain

さようなら日本…僕は今から始めて君のもとを離れるよ…

というわけで離陸。初の大型飛行機にビビりまくり(唯一乗ったことある飛行機が空飛ぶ路線バスことFDA富士山静岡ー福岡線)でしたが、揺れる揺れる大乱気流の中で機内食を頂いて

f:id:gakunanP:20170501214246j:plain

少しウトウトしたらもう台湾です。着陸の時のビビりまくり状態で撮影した動画があるのでそれも後日。

f:id:gakunanP:20170501214445j:plain国旗が日の丸じゃないんですね…ここで始めて異国を実感しています。

その後、空港に降り立ちます。なんとか入国審査と関税を通過

f:id:gakunanP:20170501214556j:plain

私のパスポートに始めてスタンプが押されたわけですね。かなり感動してます。そして足をすすめると

おじさん「アイドゥオルゥマァスタァはアッチィ」

などと聞こえたので、そちらの方に行ってみると

f:id:gakunanP:20170501215003j:plain

_人人人人人人人人人人人人人_
> 歓迎 アイドルマスター様 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

流石に笑うからやめい。

その後はなんやかんやでP専用バスに乗って桃園から台北へ移動します。

その車中、なんと社長&小鳥さんからのねぎらいの言葉が!(CD)

そしてなぜか余興で歌おうみたいな流れになってねぎらいCDは終わり、その後ガイドの方がガチャガチャした(おそらくアマテラスのCDをセットしている)あと、やはり流れた曲は”飛べない鳥は夜に鳴く”でした。

やっとの思いでホテルに到着したわけですが、そこで待ち構えていたのはそう。

運命を決める、”ガチャ”でした-

 

次回、アイマス台湾紀行③に続く!!

THE IDOLM@STER 765 MILLIONSTARS First Time in TAIWAN ライブレポート①

こんにちは、岳南です。

さて、台湾紀行と並行してライブ自体のレポートを書き連ねていきますよ。セットリストの都合上、一日目二日目の区別は無しで書き連ねていきたいと思います。

それでは以下から始まります。

 

1.READY!!

はい泣いた。アイマス台湾二日間で一番泣いたのは初日のこの曲かもしれません。アイマス単独公演では10th西武ドーム以来の披露となったこの曲。

この曲は言わずと知れたアニメ版アイドルマスターのオープニングテーマ曲ですね。アイドルマスターの運命が転換した鍵がこの曲でございます。この曲なしにアイドルマスターを語ることはできないほど、今日に於いてこの曲がもつ役割と言うのは限り無く大きいわけです。

さてこの曲の歌詞を少し引用させていただくと

 ALREADY!! WE'RE ALL LADY!!
踊り踊ろう 一歩一歩 出逢いや別れは愛になるAMUSEMENT
ALREADY!! WE'RE ALL LADY!! 始めたい
行けばなれるもっと 全体みんなONLY 1

 という歌詞があるわけですが、この曲を、"765MILLIONSTARS"として披露したことに大きな意味があるのではないか、そう僕は思っています。

とにかく、WE'RE ALLUDED LADYなんです。まさに”私たちはみんな…でしょう?”なのです。

今までこの曲を歌っていた”私たち”は765ALLSTARSのメンバーでした。しかし、この曲を台湾公演のメンバーで歌ったということは、シアター組のアイドルが加わり50人となった765プロが”私たち”でも良いんだ!と思わせてくれたのではないのでしょうか。

シアター組のアイドルにとって(もちろん声優さんたちにとっても)、765プロを背負うということは、少なからずプレッシャーがあることだと思います。それでも頑張って、先輩たちの背中を追ってきた(少なくともLTH以降は)アイドルたちにとって、この曲READYを一緒に、"WE"として歌ったということは大きな大きな意味があることではないかと、僕はそう思っているわけです。

かなり上から目線の感想となってしまい大変申し訳無いですが、台湾公演でのREADYを僕は今そんな価値がある、大切な大切な披露であったと思っています。

 

さて、実際ライブ中に何を感じたかと言いますと、「あ、このライブはやべー事になるぞ」ってことでした。僕は、アニマス以降のライブに参加しているうちに、アイマスライブと言えばこの曲スタートが定番と知らず知らずのうちに刷り込まれていたらしいです。もちろん、その感覚は10th以来一回も味わったことのない感覚ですから。そして、TICCで765MSのメンバーがREADYを歌う姿を見て、自然のうちに”やべーライブが始まるぞ”って思ってしまったんでしょうねw

 

披露のディテールは正直良く覚えていませんが、TICCで、765MSとして、READYを歌ったという事実だけで僕が大泣きするには十分すぎる理由になってしまったということです。

 

 

さて、1曲でこんなに尺を使ってしまいました。これ終わるのか…?まあぼちぼち頑張ろうと思います、今日はここまでです。お読みいただきありがとうございました。

岳南

 

 

 

アイマス台湾紀行①

お疲れ様です、岳南です。

さて、先日行われましたアイマス台湾公演

"THE IDOLM@STER 765 MILLIONSTARS First Time in TAIWAN"

f:id:gakunanP:20170429204143p:plain

 

に、日本よりJTBの公式ツアーCコースを利用して二日間参加してきました。個々の記事では、ライブレポートとはまた別に僕の個人的な台湾旅行のお話をさせてもらおうと思います。ちなみに始めての海外旅行でした。

ではでは、早速本文に行きましょう

・岳南的台湾旅行 一日目

まず初日です。4/20日は木曜日、16時頃静岡を出発しました。この日が実は一番きつかったんじゃないかと今では思っています。

まず、新幹線に乗り込みます。浜松までは定期券を所持しているのでひとっ飛びです。

だいぶ大荷物ですがこんな感じで移動をしていました。浜松まで新幹線で音速移動したあと、その後は遠州鉄道に乗車します。

f:id:gakunanP:20170429204357j:plain

遠州鉄道では自動改札もなく、レトロな硬券切符での乗車でした。なかなかノスタルジックな感じで楽しかったですよ。

さて、遠州鉄道を自動車学校駅で降りまして、一路向かうは東名浜松北バス停でございます。

そう、高速バスで大阪まで移動しますよ

f:id:gakunanP:20170429204615p:plain

JRのハイウェイバス東海道昼特急号で一路大阪へ。これはなかなかきつい移動でしたが、5時間ほどで無事大阪駅に到着しました。

f:id:gakunanP:20170429204905j:plain

さてさて、本来であれば大阪駅周辺のカプセルホテルで一泊といくところでしたが、直前になり貧乏性を発動。その日のうちに関西国際空港ヘ向かい野宿を敢行することにしました。その後、JRと南海電鉄を乗り継ぎ関西国際空港駅へと向かいます。

南海電鉄空港快速?車内において、疲れ果てた私です。

 

そして、関西国際空港に無事到着。まず向かったのはエアロプラザ二階の

リフレッシュスクエアでございます。ここでは後述の関空カードがあれば一泊1600円ほどで利用できるとのことなので、早速チェックイン。

こんなフラットシートのお部屋を無事確保することができました。ちなみにかなり数は少なかったので利用を考えてる方は早めのチェックインをおすすめします。

 

さて、ここでトラブル発生です。関空カードは事前に登録していたのであとはカウンターで受け取るだけだったのですが、第一ターミナルのカードカウンターは23時までの営業とのこと。現在時間23時10分。

 

はい、詰みましたね。

 

だかしかし、捨てる神あれば拾う神あり。第二ターミナルのカードカウンターは24時間営業とのことで、シャトルバスを使って第二ターミナルへ向かいます。その後

無事に関空カードゲットし、初日の旅はこれにて終了。リフレッシュスクエアのドア仕切りもないベッド(仮)でなんとか寝付き、旅の二日目が始まるのです…

 

というわけで、第一回はここらへんで終わりです。当面はこの紀行を完成させることを目標にしますので、どうかお付き合いの程を。では今日はここまでです。

岳南

ついに140文字の壁を破ります。

こんにちは、岳南です。初めましての方は初めまして。いつもの方はこんにちは。

最近ですね、どうもTwitterの文字数制限に引っかかることが多いから、ブログを始めようかな~とか思ってたんですけどね、どうせ更新サボる未来だろうからいいかなーとか思ってたんですよ。まあでも作るだけ作って放置でもそれはそれでいいかなとか思ったので、作りました。よろしくお願いします。

ご存知だとは思いますがプロデューサーです。なので内容も完全にアイドルマスターになりますのでそこら辺はご容赦ください。とりあえずは台湾紀行を完成させることを目標にします。そして月に300億円くらい広告収入で稼げる著名ブロガーを目指していきますのでよろしくお願いします。